「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「避妊手術」についての回答一覧です。

飼い方去勢/避妊
避妊手術

猫の去勢/避妊(避妊手術)に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい去勢/避妊(避妊手術)に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

11-20件(32件中)

並び替え

前へ

次へ

高齢でも避妊手術はできますか。

11

三毛猫 | 7歳10カ月 |

避妊手術は体が成長し、体力も十分にある生後5、6カ月〜1年ぐらいで受けると手術による負担が少ないと考えられています。しかし、健康な状態で体力的に問題がなければ高齢猫でも手術を受けることができます。かかり…

もうすぐ避妊手術をする予定ですが、発情期がきました。大丈夫でしょうか。

12

… | 0歳6カ月 |

発情中でも避妊手術は可能ですが、発情期は子宮や卵巣が活動し血液の流れる量も多くなっている時期なので、子宮や卵巣を摘出する際の出血の量が通常よりは少し多くなりやすい傾向はあります。 ですので状況によって…

避妊手術後に食べる量が減った気がするのですが、このまま様子をみていても大丈夫でしょうか。

13

スコティッシュフォールド | 0歳6カ月 | S

避妊手術の直後は手術や麻酔のダメージのため、一時的に食欲が低下していることがあります。この場合は、手術後2〜3日のうちに徐々に食欲が回復してくることが多いです。 また、避妊手術後に見られる行動や性格の変…

避妊手術はしたほうがいいでしょうか。避妊手術のメリットとデメリットを教えてください。

14

チンチラ | 1歳6カ月 |

避妊手術には卵巣のみを摘出する方法、子宮のみを摘出する方法、卵巣と子宮を摘出する方法がありますが、最近は卵巣と子宮の両方を摘出する手術を行う動物病院が多いため、その手術をすることによるメリットとデメ…

避妊手術の抜糸は痛いのでしょうか。

15

ミックス | 0歳6カ月 | S

糸を取ること自体はそれほど痛みを感じることはありません。猫は緊張しているときにお腹を見せることを嫌がりますが、腹部の抜糸ですと、仰向けにならなくてはなりません。ですから、抜糸を怖がっているように見え…

もうすぐ6カ月齢になります。いつ頃避妊手術をしたらいいでしょうか。

16

ミックス | 0歳5カ月 |

避妊手術は体の成長がある程度完了した6カ月齢以降から手術をおすすめする動物病院が多いです。それはあまり弱齢ですと、麻酔などのリスクが高まるためです。しかし成長には個体差があり、6カ月齢になってもまだ乳…

6カ月齢になるメス猫です。体が小さいので、かかりつけの獣医師に避妊手術の時期はもう1、2カ月先でいいと言われましたが、大丈夫でしょうか。

17

ミックス | 0歳6カ月 |

避妊手術は体の成長がある程度完了した6カ月齢以降から手術をおすすめする動物病院が多いようです。それはあまり弱齢ですと、麻酔などのリスクが高まるためです。しかし成長には個体差があります。体が小さいという…

避妊手術をしているのに発情のように鳴きます。どうしてでしょうか。

18

三毛猫 | 2歳10カ月 | S

避妊手術後の猫の行動には個体差があります。避妊手術前に発情行動をした猫は、避妊手術後もしばらく発情の季節になると鳴き声が続いたり、ソワソワすることがあるようです。この場合は、発情のような行動をする期…

避妊手術後、エリザベスカラーをつけるのがかわいそうなので、小型犬用の服を着用させたいと思っています。問題ないでしょうか。

19

ミックス | 0歳6カ月 |

エリザベスカラーは、猫が手術の傷を噛んだり、舐めたりしないようにするためにつけます。 噛んだり舐めたりすると、傷が治るのが遅れ、化膿することもあります。猫の場合は縫合糸を引っ張って抜いてしまうこともあ…

避妊手術を済ませた1歳のアメリカンショートヘアです。3日くらい前から背中をつけてゴロゴロ擦り寄ってきます。どうしてでしょうか。

20

アメリカンショートヘアー | 1歳11カ月 | S

避妊手術をしたにもかかわらずに発情兆候が見られる場合は卵巣遺残の可能性があります。卵巣は再生する臓器のため、わずかに取り残した場合でも再生し、発情兆候が見られることがあります。しかし、甘えでゴロゴロ…

前へ

次へ


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。