「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探すその他の異常、症状ハチに刺された
ハチに刺されたかもしれません。

ミックス | 2歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

愛猫がハチに刺されたかもしれないというのは、本当に不安ですよね。一般的に猫がハチに刺されると、ハチに刺された場所が腫れたり、軽度から重度の疼痛や発熱などがみられます。病変は1日〜2日ほどで治まります。またハチの毒液に対する感受性の強い猫や刺傷が多数ある場合などは、全身性のアナフィラキシーショックを起こし、死亡することもあります。全身性のアナフィラキシーショックが起こった場合には、急激に血圧低下がおこり、ふらっとしたり、吐き気をもよおしたりします。そのような兆候がみられたら、すぐに動物病院へ駆けつけてください。また、それほど急激な症状はなくても、傷口にハチの針が残っている場合などは、2次的な細菌感染をおこしてしまうおそれがありますから、愛猫の全身をチェックしていただいて、腫れている部分があるようでしたら、動物病院に受診するようにしましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。