「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す排泄の異常、症状うんち(便)がおかしい
PHコントロールを与えているが、便がゆるいのが気になります。

ミックス | 0歳3カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

PHコントロールに変えてから、便がゆるいのが気になりだしたということであれば、食事変更によって一時的に便がゆるくなっている可能性もありますが、今与えているPHコントロールが体に合わないという可能性もあります。しかし、このフードを与えているということは、ご相談者様の愛猫が尿石症を患っていて、尿路系に結晶や石ができやすい体質であると思われますので、尿石症に対する食事療法は必要であると思われます。まずは軟便が続くようでしたら、一日の食事量を変えずに、1回の食事量を減らしていただき、その分食事回数を1〜2回多めに分けてあげてみましょう。それでも便の状態がよくならないようでしたら、かかりつけの獣医師に相談していただき、同様な処方食で、体に合いそうなものを探していただくか、お腹の調子は内服薬やサプリメントなどでコントロールをする必要があると思われます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。