「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状皮膚が黒くなる
あごニキビがひどいです。

ミックス | 1歳6カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

あごニキビとは、猫のあごにできる黒いブツブツのことです。座瘡とかアクネとも呼ばれます。年齢や性別などに限らず、分泌物や汚れが原因でできるといわれています。 あごニキビが、黒いゴマ粒状なものがぽちぽちとできているような程度でしたら、特別に治療などの処置は必要がありません。濡れたタオルなどで、そっと拭きとってあげたり、食事後にあごについた食べカスがあごニキビをひどくさせてしまう要因になりますので、なるべく清潔を保つようにしましょう。 ご相談者様の愛猫のあごニキビはひどいということですから、通常のあごニキビに、細菌感染を伴うことで、炎症をおこしてしまって、ひどくなっている可能性もあります。その場合、猫自身も気にして、足で引っかいてしまうなどして、炎症がよりひどくなってしまうこともありますから、かかりつけの獣医師に診てもらいましょう。状態によっては、抗生物質の投与などが必要なこともあります。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。