「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す鼻の異常、症状鼻づまり、くしゃみ
2カ月齢になる猫です。よく、くしゃみをしているのですが、動物病院へ連れていくべきですか。

ミックス | 0歳2カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

くしゃみは人と同様に、においやほこりなどが刺激となり、生理的にくしゃみがでることがあります。しかし、ご相談者様の愛猫はよくくしゃみがでているということですので、生理的なくしゃみでない可能性もあります。 2カ月齢という月齢を考えますと、猫風邪などの感染症にかかっている可能性があるかと思われます。猫風邪というのは、猫ウイルス性鼻気管炎のことで、猫のヘルペスウイルスというウイルスの感染により、元気・食欲がなくなったり、発熱、鼻水、くしゃみ、結膜炎による涙眼などの症状がでる病気です。軽症な場合は、くしゃみのみということもあります。他に症状がなくても、くしゃみの頻度があまり高いようでしたら、ご相談者様の愛猫はまだ2カ月齢ということですから、免疫力がまだ低く、ちょっとしたことですぐに重症化してしまうこともあります。一度かかりつけの獣医師に診てもらうといいでしょう。 また、くしゃみの原因が感染症によるものであった場合、ワクチンを接種することで重症化を防ぐことができます。ワクチンは体調がよいときに接種したほうがいいですので、その点についても獣医師とご相談してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。