「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状しこり、はれがある
肛門腺が、昨日から緑色の分泌物がでていて、周辺が赤く腫れています。

アメリカンショートヘア | 12歳7カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

一般的に、猫の肛門腺の分泌物の色は透明〜茶色がかった色であることが多く、形状は猫によって、固形物に近いものから水っぽいものまでさまざまです。 ご相談者様の愛猫は、肛門腺から緑色の分泌物が出ていて、肛門嚢周辺が赤く腫れているのですね。肛門嚢が腫れているというのは、肛門嚢で細菌感染があり、炎症が起きている可能性が高いと思われます。また、肛門腺の色が緑色というのは、抗生物質の効きにくい緑膿菌が感染している疑いもあります。このように、赤く腫れてしまうと、猫がお尻を気にして舐めてしまったり、かじったりしてしまうことで、病状が悪化してしまうことが多いです。なるべく早くに動物病院へ行き、適切な治療を受けてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 猫を解き明かす 5つのN
  • ようこそ、わが「ねこやしき」へ
  • しあわせな後半生のために
  • 猫がかかりやすい目の病気
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • モノクロねこ写真館
  • マンネリ解消しよう!
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。