「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す泌尿器官
7カ月齢になる日本ネコです。先日動物病院へ行ったらストルバイトという結晶がでており、尿石症と診断されました。

ミックス | 0歳7カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫はまだ7カ月齢ですから、動物病院で尿石症と診断され、さぞご心配なことと思います。猫の尿石症は、不適切なフードや体質により、尿路に結石ができてしまうことで起こります。その中でも、ストルバイト結晶は猫で最も多くみられ、尿中のアンモニウムとマグネシウムとリン酸塩の濃度が上昇すること、尿がアルカリ性に傾いていることで生成されます。この結石が大きくなってしまうと、オス猫は尿道が狭いので、尿道に詰まってしまう恐れがあります。尿が全くでなくなってしまう(尿路閉塞)と、命の危険性がありますので、尿石症と診断されたら、尿路の結石が大きくならないように、食事を変更してこの結晶を溶かす必要があります。結晶を溶かすためには、食事を専用の療法食に変更することで、尿中のアンモニウム、マグネシウム、リン酸塩の濃度を下げ、尿を酸性化します。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。