「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状呼吸が荒い
日中はエアコンを使う部屋に猫を入れていません。開口呼吸しているのは暑いのでしょうか。

メインクーン | 1歳1カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬の開口呼吸は生理的にみられる現象ゆえ心配はいりませんが、猫の開口呼吸は異常な所見です。開口呼吸をする原因は心臓、肺、気管などに異常がある可能性がありますが、夏の暑い時期に限定して起こるのであれば熱中症を疑います。 熱中症対策には、お部屋の風通しをよくする、カーテンなどで日よけをする、お風呂場や洗面台など涼しい場所に行けるように部屋を開放する、日中の暑い時間は冷房を活用することがあげられます。冷房の設定温度は28〜30度くらいにしてあげましょう。また、新鮮な飲み水の確保も忘れないでください。自力で歩ける状態であれば、送風などで体を冷やして様子を見てもいいかもしれませんが、悪化する場合やぐったりしているときは水でぬらしたタオルをかけるなどして応急処置をし、すぐに動物病院に連絡しましょう。少しでも心配なことがある場合も動物病院に連絡してください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。