「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す排泄の異常、症状便秘をする
愛猫がトイレを行ったり来たり。大きい便が出たら、落ち着きました。もう大丈夫でしょうか。

ミックス | 3歳7カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は少し便秘ぎみだったのかもしれません。うんちやおしっこが出しづらい場合やお腹に違和感がある場合など、猫はトイレの前でそわそわすることがあります。大きい便をしてからは問題なく過ごされているようであれば様子を見てもいいかと思いますが、再び同じようなことがある場合や続く場合は対応が必要になります。 便秘の原因は肥満や毛球症、ストレス、ほかの病気により引き起こされたものなどさまざまです。対策としては減量、フードの変更、下剤の服用、基礎疾患の治療、便秘がひどい場合は浣腸をします。便秘を放っておくと、滞留した便により結腸が押し広げられ、巨大結腸症を引き起こします。この状態になると便秘がさらにひどくなり、定期的な浣腸処置や手術が必要になるケースもあります。日ごろから排便の様子や便の大きさや形状に気をつけて見てあげましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。