「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す食事の異常、症状急に食べなくなる、残す
以前はたくさん食べたがったのに、最近の愛猫はそうでもありません。猫にも夏バテはありますか。

スコティッシュホールド | 0歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

暑い夏は猫でも夏バテになることがあります。できるだけじっとして体温をあげないようにしていることが多いです。そのため普段より食べる量が減ったりすることもあります。部屋を涼しくして愛猫の元気などを観察してあげるようにしましょう。 体重をチェックして減ってしまっていないか定期的に確認しましょう。食べる量が減っていても、体重が維持されていれば、必要量は食べられているということになります。しかし、夏バテであまりにもフードを食べてくれない場合は、少しおいしいフードなどをトッピングして、食欲を増進してあげてもいいと思います。 夏場は室温管理をしっかりとして、熱中症に気をつけながら快適に乗り切りましょうね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。