「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す吐く・嘔吐といった異常、症状激しい嘔吐をする
半月前から一週間に2、3回愛猫が吐きます。心配ないでしょうか。

… | 5歳3カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

吐く回数が多いと食道炎や栄養不良といった他の病気を起こすこともあります。原因を確かめて治療したり、回数を減らすようにしたほうがよいかと思います。 食事後すぐに毛玉を吐く、または未消化物を吐いているのでしたら、吐く回数を減らすように努めながら様子を見ていてもよいかと思います。毛玉を減らすためにはブラッシングをして抜け毛の手入れをしたり、毛玉を便に排泄させるフードや毛玉除去剤を利用する方法があります。未消化物を吐くのは、1回に食べる量が多い猫、早食いやドカ食いをする猫に多く見られます。食事の与え方を見直してみてください。 消化物を吐くようでしたら、病気の場合があります。胃腸に何らかの問題がある場合が多いのですが、胃腸以外の病気によって起こります。腎臓や肝臓の病気、中毒、腹腔内の腫瘍などいろいろな病気が考えられます。 吐く回数が増えてきたり、嘔吐以外の症状(下痢、食欲不振、元気がないなど)が現われるようでしたら、すぐに動物病院へ行ってくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ライフステージ別 気を付けたい病気
  • 遊びが盛り上がる♪ 魔法の手づかい
  • ドラマチック・フード物語
  • うちのじゃまかわいい猫たち
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。