「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す泌尿器官
愛猫が慢性腎不全ですが、全身麻酔で歯の治療はできますか。

ミックス | 10歳3カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

腎臓の障害の程度にもよりますが、慢性腎不全の猫に全身麻酔をかけるのは健康な猫に麻酔をかけるよりも危険だと考えられます。 多くの薬剤は、最終的に老廃物として腎臓から尿中に排泄されます。しかし、慢性腎不全は老廃物を排泄する機能が衰えている状態ですので、十分に排泄されない可能性があります。 また、全身麻酔をかけると血圧が低下して腎臓に流れる血液量が少なくなります。するとますます老廃物を排泄する機能が衰えて、慢性腎不全の症状が悪化することがあります。 慢性腎不全の猫に全身麻酔をかけて治療をするときは、その治療の必要性と危険性を、かかりつけの獣医師と相談して、治療をするかどうか判断してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。