「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す食事の異常、症状急に食べなくなる、残す
愛猫に抗がん剤を使用したところ、食欲が低下しました。これは薬の副作用なのでしょうか。

ミックス | 5歳3カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

抗がん剤は、外科手術では取りきれない全身性にできる腫瘍(白血病、リンパ腫など)や、診断時にすでに他の組織に転移してしまっている腫瘍、または悪性度が高く手術してもすぐに転移が出てきてしまうことが分かっている腫瘍などを治療するときに使用します。 ペットに使う抗がん剤は人用のものを利用していますが、薬剤に対する感受性の違いがあり、人に現れるような重い副作用は出にくいことがわかっています。 また、ペットに抗がん剤を使用する場合、副作用をできる限り少なくして、ペットたちが生活をしやすいようにすることを目的にすることがあります。 しかし、全く副作用がないわけではありません。一般的に多く見られる副作用は食欲低下や嘔吐や下痢などの消化管毒性です。このような症状は、それぞれに応じた処置をすると回復することが多いです。また、がんの種類によっては、病状が進行したことによって、食欲の低下が現われることもあります。ご相談者様の愛猫の食欲低下の原因が何なのかを、かかりつけの動物病院で相談して今後も治療を進めてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。