「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状咳をする
17歳のミックスです。寝ながら咳をするため誤嚥しないか心配です。何か工夫してあげられることはないでしょうか。

ミックス | 17歳3カ月 | S

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

「誤嚥(ごえん)」とは本来食道に入らなくてはならないものが誤って気管や気管支内に入ることです。 このときに口腔内の細菌や胃液などが一緒に肺に流れ込むと誤嚥による肺炎「誤嚥性肺炎」を起こします。高齢になってくると動物たちは飲み込む力や吐きだす力が弱くなってくるので、食事中や嘔吐したときに、口の中のものが気管に入り、誤嚥性肺炎を起こすことが多くなります。誤嚥性肺炎を防ぐには、愛猫が寝ながら咳をしたときに、唾液などが口にあふれていたら、ふき取ってあげてください。クチャクチャと口を動かしていても飲み込めていないことがあります。咳か続くと嘔吐して胃液が口に逆流してくることもあります。このような場合は、頭を持ち上げて喉を伸ばしてあげたり、伏せの姿勢にして吐き出しやすくしてあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 猫のストレスランキング
  • Let‘s ニャイエット
  • タイプ別 人好き猫の育み方
  • 猫友をつくろう
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 愛しの猫ピン!
  • 秋こそ念入りお掃除どき
  • 猫のために何ができるのだろか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。