「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す排泄の異常、症状おしっこ(尿)の回数が多い
愛猫が1時間に何回もトイレに行きます。何かの病気でしょうか。

ラグドール | 0歳4カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫が1時間に何回もトイレに行く症状が見られる病気として一番多いのは膀胱炎です。膀胱炎は、回数は多くても1回に出る尿の量が少ないのが特徴です。また、尿の色が濃かったり、濁っている、血が混じる においが強くなるなど、尿の色やにおいにも変化が出てきます。症状が進むと、元気がなくなったり食欲がなくなることもあります。原因は、細菌感染や尿路結石、ストレスなどが考えられます。症状が進むと、オス猫の場合、結石や炎症細胞などが尿道を塞いで膀胱に溜まったおしっこが出なくなる尿閉を起こすことがあります。回数が多くて1回の尿量も多い場合は多尿の症状です。この場合は飲水量も多くなりますので、水の飲み方にも注意してください。多飲多尿の症状が見られる病気は糖尿病、腎疾患、甲状腺疾患など全身性で中年から高齢の猫に現れやすい病気であることが多いです。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ライフステージ別 気を付けたい病気
  • 遊びが盛り上がる♪ 魔法の手づかい
  • ドラマチック・フード物語
  • うちのじゃまかわいい猫たち
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。