「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す
左の耳介がふくれて痛がっています。原因としては何が考えられますか。動物病院へ行ったほうがいいでしょうか。

ミックス | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

耳介(耳たぶ)の皮膚と軟骨の間に血液や膿が溜まっている可能性があります。 血液が溜まっている状態を耳血腫といいます。耳介の皮膚と軟骨は接着が弱く、この間の毛細血管が切れると皮膚と軟骨の間に血液が溜まり、膨れ上がったように見えます。耳介の毛細血管が切れる原因としては、外耳炎などによる耳のかゆみや違和感によってひどくかいたり、ケンカによる咬傷などがあります。このような物理的刺激以外に自己免疫が関係していることがあります。 耳介がふくれあがると不快感が増すので、ますます引っかくことが多くなり傷ができたり、咬傷が悪化して、細菌感染が起こると血液だけではなく膿も溜まってくることがあります。 このような状態のままにしておくと、内部でさらに血液が溜まってしまうのはもちろん、軟骨も変性してくるため耳自体の変形が生じてくる可能性があります。早めに動物病院へ行って治療してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毛柄×性格 相関データ
  • 猫の「うれしい」をたとえると
  • 私と猫の冬ごもり計画
  • 猫にまつわる「研究会」?
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 慢性腎不全 最前線
  • 会社に貢献!猫とCEO
  • 猫旅CaTrip【対馬編】

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。