「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す寄生虫
3匹の子猫にコクシジウムがいたので入院させたのですが、1匹亡くなってしまいました。あとの2匹は大丈夫でしょうか。

ミックス | 0歳1カ月 | …

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

コクシジウムは、犬や猫の消化管内に寄生する原虫です。コクシジウムが寄生すると、下痢などの消化器症状を起こしますが、成長した犬や猫では軽症または無症状なことも珍しくありません。しかし、子犬や子猫は、激しい下痢や嘔吐が続く場合があります。体力のない小さい体で、下痢や嘔吐が続くと脱水や低血糖をおこし、命の危険につながりかねません。 ご相談者様の子猫は不幸にもこのような状態にあったのではないかと思われます。他の子猫2匹にも下痢や嘔吐が見られるようでしたら、積極的に点滴や給餌などで水分や栄養補給を行って、体力を保ってあげてください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。