「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す皮膚疾患
目のそばの肥満細胞腫を手術しました。手術の傷がひきつれているのですが自然と治るものなのでしょうか。

ミックス | 6歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

肥満細胞腫の手術は、腫瘍の細胞を残さないように大きく切り取らなくてはなりません。その上、ご相談者様の愛猫の手術は、皮膚のたるみが少ない顔だったため、皮膚が合わせにくく、手術の傷がひきつれた状態になったのでしょう。手術前と同じように治るかは、ひきつれている程度によりますが、皮膚は徐々にのびてきて、手術直後よりはきれいになってきます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 猫と犬 とことんくらべてみました!
  • 冷えとりマッサージ
  • 読む猫トイレⅡ
  • 猫が誤食しやすいもの備忘録
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • いつでも100%!全力猫
  • 猫が赤ちゃんと出会ったら…
  • CaTrip:横浜編

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。