「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す排泄の異常、症状下痢をする
愛猫が下痢ぎみのときに、飼い主がしてあげられることはありますか。

ミックス | 7歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

家で様子を見ていい下痢なのか、すぐに動物病院へ行ったほうがいい下痢なのか判断してあげてください。 下痢ぎみでも元気も食欲もあれば、考えられる原因を改善しながら、様子を見ていてあげてもよいと思います。原因として考えられるのは、フードを替えた、人間のものを食べた、食べ過ぎ、ストレスなどです。その他、発情期、季節の変わり目、換毛期などに下痢をすることがあります。このような場合は、1回に食べる食事の量を減らしたり、食べる回数を減らしたりして、腸に負担がかからないように気をつけてくださいね。 下痢の回数が多く、嘔吐や食欲低下など、他の症状が見られる場合は、すぐに動物病院へ行ってください。細菌やウイルス感染症、消化管内寄生虫、炎症性腸炎、代謝性疾患などさまざまな病気が考えられます。原因を調べ、治療してください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。