「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す
2カ月の子猫です。斜視っぽいのですが、動物病院で相談をしたほうがいいでしょうか。

ノルウェージャンフォレストキャット | 0歳2カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は2カ月ですね。猫の斜視の多くは、寄り目に見える内斜視です。毛色を決定する遺伝子が関係して、シャム系の猫やクリームを混ぜたような薄い毛色(薄茶や薄いグレー)の猫に現れることがあります。このような場合は、生まれつきの斜視です。目の筋肉や神経の病気で斜視が現れる場合は、成猫になってから現れることが多いようです。 内斜視の猫は、視野が狭いことに加え、立体的に位置感覚をつかむのが苦手です。外出したときの事故や怪我に注意してあげなくてはなりません。しかし、室内飼いであれば通常問題なく過ごすことができます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ライフステージ別 気を付けたい病気
  • 遊びが盛り上がる♪ 魔法の手づかい
  • ドラマチック・フード物語
  • うちのじゃまかわいい猫たち
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。