「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状毛が異常に抜ける、うすくなる
愛猫はアクネ(ニキビ)治療中です。アクネの横の部分もかいて脱毛してしまいました。防ぐ方法はありますか。

アメリカンショートヘア | 6歳2カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫のアクネ(ニキビ)は主に下あごにできますが、人間のニキビと同じで、毛穴にたまった皮脂が黒ずんだものです。あごの下に黒ごまがついているように見えます。後ろ足の爪でかいて傷つけると、細菌や真菌が二次感染し、かゆみや痛みがでます。 猫の体質によっては、一度アクネができてしまうと、何回も再発します。再発を予防するには、黒い皮脂が目立ってきたら早めに落としてあげましょう。コットンやガーゼを人肌のお湯で湿らせてゆっくり拭いてあげます。拭いた後に水分が残ると細菌が繁殖しやすくなるので、湿らしたコットンはしっかり絞りましょう。アクネをふやかしながら、黒くなった皮脂を取るようなイメージで、時間をかけて拭いてください。黒くなった皮脂が頑固で落ちにくい場合は、シャンプーや消毒薬を使うと落としやすくなりますので、動物病院で相談して処方してもらいましょう。 また、食事の後に食べかすを、定期的に拭いてあげて口の周りを清潔に保つことも大切です。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。