「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す泌尿器官
13歳の愛猫はクレアチニンが少し高いようです。食事管理でクレアチニンを下げることはできますか。

… | 13歳9カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

クレアチニンとは、筋肉が運動したときに出る老廃物です。健康な場合、ほとんどが腎臓から尿と一緒に排泄されます。ですからクレアチニンは腎臓に障害がある分、血液中に残ってしまい、腎臓が回復しない限り、血中のクレアチニン値は下がりません。 ご相談者様の愛猫は13歳とかなりの高齢ですね。高齢でクレアチニン値が高いということから、慢性の腎臓病が疑われます。猫は加齢とともに腎臓への負担が大きくなり、老化現象として慢性腎臓病になることが知られています。慢性腎臓病の場合、すでに障害された腎臓は元に戻ることはありません。ですから、ご相談者様の愛猫の場合、クレアチニン値を食事管理で下げることは難しいのではないかと思います。慢性腎臓病において、食事管理は腎臓への負担を少なくし、腎臓病の進行を遅らせるために必要です。そして、クレアチニン値を維持することが大切になってきます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。