「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す泌尿器官
愛猫が膀胱炎を繰り返していて心配です。検査をしてもらい異常はなかったのですが、何か家で気をつけてあげられることはありますか。

ミックス | 1歳9カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

膀胱炎の予防で大切なことは、猫の飲水量を増やすことです。猫は、もともとあまり水を飲まなくても平気で過ごせます。面倒になると水を飲まなくなってしまうので、家のあちこちに水入れを置いたり、器の種類や大きさを変えたりといった工夫をして、愛猫がいつでも水をたっぷり飲めるようにしておきましょう。 また、トイレを常に清潔にし、トイレ砂やトイレの容器、設置場所を猫が好むようにしてあげましょう。何らかの原因で、愛猫がおしっこを我慢するようなことがないように注意してあげてくださいね。 食事療法食が処方されていたら、続けて与えてください。普通食への切り替えは必ず獣医師に相談してから行ってください。 もちろん、膀胱炎の早期発見・早期治療も大切です。トイレに行く回数や尿の量に変化が見られる場合は、すぐに動物病院で診察を受けましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。