「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す目の異常、症状涙がいつも出ていて多い
愛猫の左目が涙目です。どうしたのでしょうか。

ロシアンブルー | 5歳0カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

涙目から考えられるのは、結膜炎や角膜炎によるもの、角膜の傷や緑内障などによる目の痛みや違和感です。結膜炎や角膜炎の原因の一つに猫風邪があげられますが、これが原因の場合は両目に涙目の症状が見られることが多いため、可能性は低いかもしれません。涙目の原因として猫に一番多く見られるのは猫風邪ですので念のためご説明します。猫風邪とは、ペルペスウイルスによる「猫ウイルス性鼻気管炎」、「猫カリシウイルス感染症」、「猫クラミジア感染症」の総称です。くしゃみ、鼻汁、発熱や食欲不振のような風邪症状や、結膜炎や角膜炎がみられることがあります。一度ヘルペスウイルスやカリシウイルスに感染してしまうと、ウイルスが体内に潜伏し、ストレスなどで免疫力が落ちたときに発症します。ワクチンを接種してウイルスに対する免疫を高めることにより発症を抑えることができます。いずれの原因も、早期の治療により改善が望めますし、放っておくと悪化して視力にかかわるケースもありますので早めに動物病院に連れて行かれることをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 性格別 ねこの取扱説明書
  • ニャ論調査2017 #1トイレ編
  • 暑さに強いカラダ作り
おすすめ特集
  • コワ~イ 寄生虫にご用心!
  • 猫のカラフルコーディネート
  • 愛猫のこだわりの一品公開します

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。