「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す吐く・嘔吐といった異常、症状激しい嘔吐をする
最近毛玉を吐くことが増えました。何か対策をしたほうがいいでしょうか。

A.ショートヘアー | 0歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫が毛玉を吐くのは生理的にみられる行動ですが、吐く回数が異常に増えたり、食欲がなくなる、便秘になるなどしたときは毛球症(もうきゅうしょう)として治療をする必要があります。通常グルーミングで飲み込んだ毛は、便に排泄されてしまいます。毛球症とは過剰なグルーミングなどで飲み込んだ毛が胃の中に滞留して大きな毛玉となり、胃粘膜を刺激したり胃と腸の接合部に詰まることにより起こります。グルーミングの多い猫や、毛の長い猫は飲み込む毛の量が多いので毛球症になりやすいといえます。対策としては、ブラッシングをこまめにしてあげること、毛球症対策用のフードに変更すること、毛球症予防用のサプリメントを使うことなどです。食欲がない場合や吐く回数が多い場合は治療が必要になりますので動物病院に連れて行ってあげましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。