「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状身体をよくなめる
最近、愛猫が自分の体をよく舐めています。舐めすぎて、脱毛がどんどん広がっています。皮膚病が心配です。

サバトラ | 2歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫はきれい好きな動物なので、体を清潔に保つためにしばしばグルーミングを行います。しかし、皮膚に何らかのトラブルがある場合、過剰にグルーミングをしてしまうことがあります。皮膚が見えるまで舐める、毛を抜いてしまう、出血するまで噛んでしまうなどの症状がある場合は皮膚病を起こしている可能性が考えられます。原因としては細菌感染や真菌感染、アレルギー、ノミなどの寄生虫があげられます。皮膚に異常がない場合は、ストレスが引き金となり過剰グルーミングを引き起こしている可能性があります。また、腎臓病や糖尿病などが原因となっているケースもあります。脱毛が広がってきている場合は皮膚病である可能性が高いため、動物病院で相談されることをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毛柄×性格 相関データ
  • 猫の「うれしい」をたとえると
  • 私と猫の冬ごもり計画
  • 猫にまつわる「研究会」?
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 慢性腎不全 最前線
  • 会社に貢献!猫とCEO
  • 猫旅CaTrip【対馬編】

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。