「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す泌尿器官
膀胱炎の治療中です。昨日から食欲がなく、元気もありません。どうしたのでしょうか。

アビシニアン | 3歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

膀胱炎は猫にとても多い病気です。症状は頻尿、血尿、排尿困難などがあげられます。治療中とのことなのでお薬を飲まれているかと思いますが、突然食欲がなくなってしまった場合は尿道閉塞を引き起こしている可能性があります。膀胱炎の際、膀胱内では炎症により、膀胱粘膜から出血したり粘膜が剥がれ落ちたりします。オス猫の尿道は細くて長いため、そういったものが詰まってしまい、尿道閉塞をおこすことがあります。その場合、早急に対処しないと腎不全により命を落とすことがあります。また、お薬があわずに食欲が落ちることもあります。いずれにせよ早めの受診をおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。