「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状フケが多い
ブラッシングをするとフケが出ます。皮膚病でしょうか。

アメリカンショートヘアー | 2歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

その可能性もありますが、皮膚の新陳代謝の低下や乾燥によってもフケが出ることはあります。 フケと同時にかゆみが見られるなら皮膚のトラブルの可能性が考えられますので、速やかに受診をしましょう。かゆみはなく愛猫自身はあまり気にしていないようなら、まずはこまめにブラッシングを心がけ、抜けた毛をきれいに取り除くことや皮膚の血行をよくすることに努めて改善があるかどうか経過を見ましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。