「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す泌尿器官
膀胱炎のような症状があります。食餌に気を使ったほうがよいでしょうか。

ミックス | 2歳1カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

それももちろん大切ですが、まずは動物病院に受診をしてきちんと治療を受けましょう。 尿をケアする食餌は、膀胱炎を治すものではなく、尿のPH(酸性度)を調節して尿結晶ができにくい状態にするためのものです。膀胱炎を治すには、まず適切な治療が必要です。その上で、食餌の種類についてかかりつけの獣医師と相談をしたり、水分の摂取を増やすような工夫をしたりなど愛猫の食餌に対して配慮をしてあげるとよいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。