「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
飼い始めたばかりです。初年度のワクチンについて教えてください。

ブリティッシュショートヘア | 0歳3カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫は初年度にワクチンを3回接種する必要があります。1回目は生後2カ月くらいに接種し、その後3〜4週間あけて2回目、さらに3〜4週間あけて3回目を接種します。その後は一年ごとに定期接種をする必要があります。 なぜ初年度に複数回接種する必要があるかというと、子猫の体内には母猫からの移行抗体があるためです。移行抗体がある状態でワクチンを接種しても、身体は抗体があるので免疫を作ろうとしません。移行抗体はいずれなくなってしまいますが、なくなる時期は2〜3カ月頃と猫により個体差があります。また、ワクチンを短期間に複数回接種することにより、実際に病原体が身体に侵入してきた際に免疫を素早く作り出すことができるようになります。これをブースター効果といいます。こういった理由から、初年度はワクチンを複数回接種する必要があるのです。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。