「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
猫風邪で、涙目なのでインターフェロン、ビブラマイシン、ビオイムバスターで治療中です。このままでよいですか。

ミックス | 1歳7カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

問題ないと思います。ビオイムバスターという薬は整腸剤ですので、消化器症状が併発しているようであれば一緒に使用して問題ないでしょう。1〜2週間の治療で症状に改善がない場合には、改めて治療内容をかかりつけの動物病院で相談してみてもいいと思います。 猫風邪はウイルスの感染症ですが、細菌の二次感染により鼻炎や角結膜炎などが悪化することがあります。ビブラマイシンは抗生物質の一種ですが、細菌によっては効きづらいこともあります。猫風邪にはいくつかの薬を組み合わせて対処することが多いのですが、効果があまり出ない場合には組み合わせるお薬の内容を変更することもあります。まずは、しっかり決められた用法・期間を守って治療していきましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • イマドキ飼い猫の真実
  • フードストーリー わが家の場合
  • こだわりたい“うつわ”と食卓
  • ウンチ オシッコドリルやってみよう
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫の激怒症候群って何?
  • 預かりボランティア知ってますか?
  • ニッポン猫町調査

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。