「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ人や猫との接し方人を見ると興奮
3カ月の赤ちゃんにすごく興味がある様子。猫と赤ちゃんはどのようにならすのがよいのでしょうか。

スコティッシュフォールド | 10歳3カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫は知らない人や物に対して警戒するので、猫自身から襲いかかることはほとんどないでしょう。興味を持っているように見えても、ある程度距離を置いて観察するような様子をみせることが多いです。しかし、万が一のことを考えて、猫と赤ちゃんだけになるような状況は作らないようにしましょう。 愛猫も赤ちゃんに対して緊張しているはずです。猫が赤ちゃんに慣れれば、赤ちゃんを攻撃することはさらに少なくなりますね。赤ちゃんが猫のそばにいるときや、赤ちゃんが泣いてるときにおいしいおやつを与えたり、猫を構ってあげるとよいでしょう。猫は、赤ちゃんの近くに来るといいことがある、赤ちゃんは怖くないと覚えます。 絶対にしてはいけないことは、赤ちゃんが起きている間は猫を無視し、寝ているときに猫をかわいがることです。赤ちゃんがいると、猫が完全に相手にされないと感じ、ストレスを抱えて攻撃的になることがあります。 赤ちゃんや子供に多少乱暴にされても怒らない気のよい猫もいます。猫の性格をよく見て対応してあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。