「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ留守番/分離不安
4歳のメスです。お留守番をさせると暴れます。どうすれば防ぐことができますか。

アメリカンショートヘア | 4歳2カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫に、日頃から飼い主さんの関心を引く行動が見られるようでしたら、飼い主さんと離れることが不安やストレスとなって暴れてしまうのかもしれません。 常に飼い主さんの足元にまとわりつく、目の前で大声で鳴く、トイレの砂をまき散らすなどの行動で飼い主さんの関心を引いている様子はありませんか。このような猫の場合、留守中に暴れるのをやめさせるには、飼い主さんと愛猫の距離を少し離して生活するようにしましょう。具体的には、あまり猫の要求を受け入れないということです。「構って、構って」と遊びに誘ってきたり、おやつを要求してきても、無視して、騒いでも構ってもらえないことを覚えさせるようにしてみてください。愛猫がおとなしくなったら、撫でたり遊んだりしてあげてくださいね。 猫が不安やストレスを解消できる環境が整っているかを見直すのも大切です。爪とぎができる専用の場所を用意したり、上下運動ができるキャットタワーを用意したり、猫が本来するべき行動ができるようにしておいてあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。