「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
ケトコナゾールを真菌症がない猫に内服させる場合はありますか。

… | 1歳3カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ケトコナゾールは真菌症以外に副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の治療薬として使用します。副腎皮質機能亢進症は猫ではあまり見られない病気ではありますが、多くの場合高齢の猫に見られます。水をたくさん飲む、おしっこの量が増える、食欲が異常に増すなどの症状が現れます。症状が進むと、お腹が膨れる、皮膚がうすくなる、脱毛するといった症状も見られます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 熱中症シチュエーション
  • 失敗しない夏のお留守番
  • ねこのお水学
  • 猫カフェスタッフのマル秘接し方テク
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ちっちゃい前歯ファンクラブ
  • もしかしたら認知症かも?
  • 猫のいいニオイ、クサいニオイ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。