「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
皮膚の状態が悪く、抗生剤を飲んでいるのに猫風邪の症状が出てきました。皮膚用の抗生剤は猫風邪には効かないのでしょうか。

ミックス | 10歳3カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫風邪の原因は1つとは限らず、ヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジアなどが2つ、または3つが同時に感染していることがあります。 クラミジアに対しては、「特定の抗生剤」の治療が有効なことが知られています。しかし、抗生剤にはたくさんの種類がありますので、皮膚病の治療に使用している抗生剤がクラミジアに有効な「特定の抗生剤」でなければ猫風邪には効果がありません。 ヘルペスウイルスやカリシウイルスなどのウイルス感染症は抗生剤だけでは治療できません。ウイルス感染症の治療に抗生剤が使われるときは、鼻水や目ヤニ、口内炎などに二次的に細菌感染が見られたときに症状を和らげるためです。 このように、抗生剤を飲んでいても猫風邪の症状を抑えることは難しい場合が多いです。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。