「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方去勢/避妊避妊手術
初めての発情から1カ月後に避妊手術をしてもよいでしょうか。

スコティッシュフォールド | 0歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の場合は発情中の出血がほとんどなく、子宮のダメージが少ないようです。発情中に元気や食欲が低下する猫もいますが、このような体調の変化がない場合や回腹している場合は、発情中や発情直後でも手術をすることがあります。 年齢的にも問題はないと思います。初めて発情から1カ月後は、生後6カ月〜12カ月くらいになりますので、体力が十分にあり、手術や麻酔のダメージが少ないと考えられます。 避妊手術直前の体調や血液検査に異常がなければ、手術を受けられると思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。