「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方美容・トリミング歯磨き
猫の歯磨きの仕方を教えてください。

ロシアンブルー | 0歳7カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

歯磨きをするときに大切なことは、嫌な思いをさせないようにすることです。一度嫌な思いをすると「歯磨きは嫌なこと」と覚えてしまいますので、無理をせずに嫌がる素振りが見られたら、すぐにやめてあげましょう。初めは数秒でも少しずつ長くできるようになればいいと思います。 歯磨きを始めるときは、猫が口に触られることを嫌がらないか確かめてくださいね。もし、嫌がるようでしたら、口に触られることに慣らすことから始めましょう。猫がリラックスしているときに口元を撫でてあげてください。口元を触られることに抵抗がなくなったら、口の中まで触ってみましょう。次にガーゼで口の中を拭くことに慣れさせます。ガーゼを指に巻いて水を湿らせます。このときも無理に口を開けることはしないで、唇を広げるようにしてガーゼをまいた指を滑り込ませるようにして口の中に入れます。歯の表面を軽くこするようにして短い時間から始めましょう。犬歯まで十分に拭けるようになったら、歯ブラシを使ってみましょう。ガーゼのときと同じように横から滑り込ませるように入れます。力を入れすぎないように優しくブラッシングしてください。初めはブラシに慣れさせるつもりで短い時間から始めます。慣れてきたら、歯と歯肉の間や奥歯も磨くようにしましょう。歯と歯肉の間を磨くときは、少しブラシを傾けるとしっかり磨けますよ。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。