「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方発情期
7カ月のロシアンブルーです。発情を繰り返していますが、まだ体が小さく避妊手術するのが心配です。手術はいつまで遅らせることができるでしょうか。

ロシアンブルー | 0歳7カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

避妊手術はいつまでにしなければいけないという決まりはありません。しかし、一般的には生後5、6カ月〜9カ月くらいに避妊手術が実施されています。体の成長は1年から1年半くらいまで続きますので、多くの猫が成長の途中で避妊手術を受けていることになりますね。生後5、6カ月〜9カ月くらいで避妊手術が実施されるのは、この頃は猫が成長し、体力が十分あるために手術や麻酔による負担が少ないからという理由からです。また、発情前に避妊手術を実施する動物病院も増えつつあります。発情前に避妊手術をすれば、発情期特有の行動(大声で鳴いたり、外出したがるなど)が生涯にわたって無いだろうという考えがありますし、早くに避妊手術を受けてもその後の成長に悪い影響は与えないことがわかってきたからです。 ご相談者様の愛猫の避妊手術の時期は、体の成長と発情の様子をかかりつけの獣医師と相談しながら決めてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。