「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方食事食事の与え方
4歳の愛猫の減量用フードを同居の子猫に食べられてしまいます。何かよい与え方はありませんか。

… | 4歳2カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

子猫は何にでも興味を持つので一緒に食べている先輩猫のフードを食べてしまうことも少なくありません。しかし、減量用のフードはタンパク質や脂肪の割合が少ないため成長期の猫の食事としてはふさわしくありません。ですから、できるだけ食べさせないようにしたいですね。 子猫と先輩猫の食事を別々にしてあげましょう。子猫を先にお腹いっぱいにしてから、先輩猫に食事をさせます。先輩猫が残した減量用フードはすぐに片づけるようにしてください。 先輩猫から横取りするように減量用フードを食べるようでしたら、隔離した別の部屋や子猫が上がれない高い場所に食事を用意して先輩猫に与えてみてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ライフステージ別 気を付けたい病気
  • 遊びが盛り上がる♪ 魔法の手づかい
  • ドラマチック・フード物語
  • うちのじゃまかわいい猫たち
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。