「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
14歳になりました。今年もワクチンを接種すべきか迷っています。

ミックス | 14歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

老齢猫は病気に対する抵抗力が衰えています。ですから、感染症のことだけを考えるならば、ワクチンを接種して病気を予防したいですね。 しかし、老齢猫にとってワクチンの接種は危険を伴う場合があります。 ワクチンを接種するということは、病原性を低くしたウイルスや細菌を体内に入れて、人工的に感染症に似た状況を作り出すということです。猫の体調によっては免疫抗体を作り出す作用よりもウィルスの作用が強く出てしまって、体調を崩すこともあります。ですから、愛猫が年を取って体力が衰えていたら、これまで行ってきたワクチン接種にも注意が必要です。ワクチンを受けるかどうかは、愛猫の体調とウイルスに感染する危険度を考えて、かかりつけの獣医師と相談して決めてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。