「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
昨日、愛猫がヒヨドリを狩ってから様子がおかしいです。ヒヨドリから感染する可能性がある病気はありますか。

ミックス | 1歳1カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

どの病気もヒヨドリに関しての詳しい資料はないので、野鳥から猫にうつる可能性のある病気をいくつか紹介します。 ●オウム病 クラミジアという微生物の感染により起こる病気です。感染源としてオウムやインコが知られていますが、鳥類のほとんどが病原体を持っていると考えられています。病原体を持っている鳥類の排泄物や分泌物を吸い込んだり口にすると人をはじめ哺乳類も感染します。猫の発病はまれですが、結膜炎や鼻水などが見られることがあります。 ●鳥インフルエンザについて 日本では犬や猫の感染報告はありませんが、鳥インフルエンザに感染した鳥を生のままで食べたり、その鳥の糞を口にすると感染します。症状は発熱や呼吸器症状です。 ●クリプトコッカス症 酵母真菌のクリプトコッカスの感染により起こる病気です。鳥類をはじめ多くの動物に感染します。症状は皮膚に潰瘍ができたり、くしゃみ、鼻水、神経症状などさまざまです。 ●サルモネラ感染症 食中毒菌としても知られているサルモネラ菌の感染で起こる病気です。サルモネラに感染している排泄物などから哺乳類にうつります。症状は下痢や嘔吐などの消化器症状です。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。