「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
ワクチン接種で調子が悪くなったため、かかりつけの獣医師に連絡をしたところ抗アレルギー剤を打つから来てと言われました。動物病院へ行ったほうがいいでしょうか。

ミックス | 2歳9カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ワクチンを接種するということは、病原性を低くしたウイルスや細菌を体内に入れて、人工的に感染症に似た状況を作り出すということです。ですから猫によっては、ワクチン接種後、病気にかかったように熱っぽかったり、食欲がなかったり、下痢や嘔吐をすることもあります。動物病院へ行ったストレスから食欲をなくしたり、嘔吐することもあります。通常1日〜2日で回復してくることが多く、徐々に回復してくるようでしたら、家で安静にして過ごしていてもよいかと思います。しかし、なかなか症状が回復しない場合は、動物病院へ行ってくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。