「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方去勢/避妊避妊手術
避妊手術の予約はしてあるのですが、発情がきてしまい困っています。抑える方法はありませんか。

… | 0歳8カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

短期間だけ発情を抑えるには、発情抑制剤を注射することがあります。合成黄体ホルモン(人工的に作ったホルモン)のプロリゲストンを使用すると一時的に発情を抑えることができます。通常、先天的な異常があって避妊手術が受けられない猫の発情抑制や、避妊手術後も発情のような行動を頻繁にする猫に用いられます。発情抑制の程度は個体差があり、1回の注射で100パーセントの発情抑制効果があるとは言えないようです。 放っておいても、猫の発情は1〜2週間つづき、その後次第におさまってきます。どうしても避妊手術日までの間、発情を抑えたい場合はかかりつけの獣医師に相談してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。