「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
3歳のミックスです。ワクチンを打つか悩んでいます。ワクチンは打つ必要があるのでしょうか。

ミックス | 3歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫のワクチンを接種するかしないかは、飼い主さんが選ぶことができます。 ワクチンで予防できる伝染病は、感染したら命にかかわったり、治りにくい病気ばかりです。 ワクチンを接種すれば、伝染病の感染を100パーセント予防することができるというわけではありません。しかし、万が一、感染したとしても、多くの場合、ワクチンを接種している猫は軽症で済みます。 室内だけで飼われている猫には、ワクチンは必要ないのではないかと考える方もいるかもしれません。しかし、突然の脱走や、野良猫との接触、飼い主さんが病原体を運んでくるなど、室内飼いの猫も伝染病に感染する危険が色々あります。 ワクチンは猫の体に負担がかかるのではないかと、心配する飼い主さんも少なくないと思います。ワクチン接種後に元気がなくなるなどの副作用は、愛猫の体調がよいときに受けることによって、ある程度軽減させることができます。また、猫の場合、ワクチンによってアレルギー反応が出る確率は極めてわずかで、さらに、飼い主さんがワクチン接種後に猫の様子を見てあげることによって早めに気づき、大きな事故になることが防げます。ですから、一般的にはワクチンの危険より、感染症の危険のほうが高いと考えられ、ワクチンを打つことが推奨されています。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。