「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方食事キャットフードの選び方
ペルシャを飼っています。毛玉ができにくいフードと普通のフードはどちらがよいのでしょうか。

ペルシャ | 2歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

「毛玉ができにくいフード」は可溶性繊維や不溶性繊維など多数の食物繊維を豊富に含み、飲み込んだ被毛を便と一緒に排出させやすくする作用があります。 ご相談者様の愛猫は長毛種のペルシャでしたね。確かに、短毛種の猫と比べると長毛種の猫は、毛玉を吐く回数が多いようです。 毛玉の予防は、ブラッシングが一番大切ですが、ブラッシングしても抜け毛が多かったり、猫がブラッシングを嫌がるのであれば、積極的に「毛玉ができにくいフード」を与えてもよいと思います。愛猫の好き嫌いも考えて、選んであげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

病名・症状データベースの「ペルシャ」関連記事

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。