「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
ワクチンは1年に1回受けるべきでしょうか。他の動物病院では2年ごとと聞きました。

… | …

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

現在、日本で発売されている猫のワクチンは、全て1年に1回の接種を推奨しています。アメリカでは2〜3年に1回接種でよいと考えられているようです。なぜ、このような違いがあるかというと、ワクチンの接種率とウイルスの感染状況の違いにあるのではないかといわれています。 アメリカでは、50パーセント以上の猫がワクチンを接種しているの対して、日本では全体の10〜20パーセントの猫にしかワクチンを接種していません。 このような低いワクチン接種率では、他の猫あるいは他の猫と接触した飼い主を介して、ウイルスに接触する可能性が高いのです。実際のウイルスの感染率も日本のほうが高いことがわかっています。 また、日本の研究では、2〜3年に1回の接種でワクチンの効果が十分に期待できるということが明らかにされていません。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。