「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

生態・行動気持ち
9歳のオス猫です。1カ月ほど入院し、先日退院しました。入院前は腰を下ろして排尿していましたが、退院後は腰をあげて排尿するようになりました。今までよりも警戒心が強くなった気がします。

ノルウェージャンフォレストキャット | 9歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬は人につき、猫は家につくといいますが、その言葉通り犬は人になつきますが、猫は環境になつき、それを重視します。1カ月の入院生活のなかで、腰を上げたほうが快適に排尿できると覚えてしまったのでしょう。退院直後は環境の変化により、警戒心が強くなるのは自然なことです。しばらくすれば慣れてくると思います。それまではなるべくそっとして見守ってあげましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。