「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ食事餌を食べない・残す
7歳のミックスです。アレルギーがあります。いろいろな食餌を試していますが食餌にわがままで、食いつきが悪くなってきました。どうしたらいいでしょうか。

ミックス | 7歳11カ月 | S

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫は食餌にわがままでグルメな子が目立ちます。ご相談者様の愛猫はアレルギーがあるとのこと、食いつきが悪いと心配ですよね。猫の食いつきが悪いときは、レンジで温めてにおいを強くする、フードを砕いて粒を小さくする、アレルギーを引き起こさない食材でトッピングを加えて食べさせるようにするなどがあります。カツオ節が好きな猫は、お茶パックなどにカツオ節をいれてフードと一緒にしておくとカツオ節のにおいを移すことができるので、食いつきがよくなることがあります。また、好みがころころ変わる猫には、食べてもいいアレルギー用フードの一番小さいサイズを買い、飽きそうになったら切り替えるなども効果的かと思います。また、かかりつけの動物病院に相談のうえ食べられるアレルギー用フードのサンプルをもらい、食いつきがいいものがないか試してみてください。猫は食の好みに厳しい子がいますので、かかりつけの獣医師も相談に乗ってくれると思います。まだご相談されていない場合はぜひ相談してみてください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。