「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方多頭飼い
FIV陽性の猫がいます。新たに猫を飼うことになりましたが何か注意点はありますか。

ミックス | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

FIVとは猫エイズウイルスのことです。感染している猫から感染しますが、ウイルス自体の感染力は弱いため、空気感染は起こりません。感染は主に感染猫とのけんかです。噛まれた際に感染猫の唾液から感染します。同じ食器を使ったり同じ空間にいることでの感染の可能性は低いですが、猫同士で日常的に舐めあう場合は感染することがあります。また、母猫が感染している場合は母子感染することもあります。ご相談者様は新しく猫を迎えられるとのことですので、場合によっては先住猫とけんかになってしまうおそれもあります。そのため、別のお部屋で飼われることをおすすめします。やむを得ず同じ部屋で飼う場合は、新入り猫をケージに入れるなどして、徐々に先住猫になれてもらいましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。