「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
下痢をしているので動物病院で粉薬を出されたのですが、パウチのフードに混ぜて与えてもいいですか。

ミックス | 9歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫に粉薬を飲ませる際、パウチのフードに混ぜてしまってかまいません。ただし、いつも食べる量のパウチに混ぜてしまうと食べ残した場合や薬の混ざっているところだけ避けてしまった場合に薬をしっかり摂取できないおそれがあります。そのため与え方は、お腹がすいているときに少量のパウチに薬を混ぜて与え、全部食べたら残りのパウチを与えてあげましょう。 また、猫は鼻がいいので薬の味があると警戒して食べてくれないこともあります。その場合は人間の食べ物など味の濃いものを少しだけ薬に混ぜてあげてみてもいいでしょう。 また、粉薬をガムシロップや練乳などと練り混ぜ、猫の口をあけさせ上あごの裏側に塗りつけて投薬する方法もあります。 投薬方法は猫によって異なるため、一番合った方法をみつけてあげましょう。どうしても嫌がる場合はかかりつけの獣医師に伝えましょう。薬の形状を変えたり、投薬方法を教えてくれると思います。気軽に相談してみてください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。